竜田区


山車

明治35年「大臣山」として宮大工清水金蔵氏よって寝殿造風に造られた。

近年に見送りを新調した。

この見送りも素敵である。




今宮区


山車

今宮山は大きく、白木造りに漆塗り、金の装飾でひときは目立つ。

見送りも素敵である。



津島区


神楽

昭和に入って神楽になった



広峰区

大太鼓&棒振り

大正、昭和の頃は神功皇后の出兵を題材に「した練り子や船形山車を出していたが

昭和28年から大太鼓、棒振りを住吉区から伝授してもらい今の形になりました。



住吉区


棒振り&大太鼓

寛文11年(1671)からの流れを汲む

祇園祭礼の絵巻に行列の先頭で描かれてる

掛け物はぺ鵜者のものと言われてる。



飛鳥区



山車&舞

放生祭の山車の中で唯一2階がない山車である。

山車自体が舞台になっておりそこでの舞いが見られます。

三味線、太鼓ではやしを演奏。各区の本陣前では踊りを披露。

人気の山、主役は小学生。





清滝区


山車

「大津町山車」や「大小太刀山車}と呼ばれている。

山車も大きく、見送りも素敵である。





白鳥区

神楽

大太鼓、小太鼓の調べが素晴らしく、品を感じる区である。




大宮区


大太鼓&棒振り

力太鼓と言われてきただけあって力強い太鼓である。

棒振り、大太鼓、鐘の三者の融合が素晴らしい。




玉前区

獅子

関東の川越藩から教えてもらった由緒ある獅子である。





神田区


神楽

山囃子から明示40年に現在の神楽ばやしになった。

「?ばい」「布袋」等9曲を披露する。



日吉区

獅子



小浜市紹介ページ

inserted by FC2 system